So-net無料ブログ作成

アップルの「グーグルマップ」不採用の理由 [話題]

グーグルのエリック・シュミット会長は、アップルがの「iOS6」で、

地図ソフトを評価の低い自社製ソフトに切り替えるよりも、

グーグルの地図ソフト「グーグルマップ」を使い続けた方が良かったと言っているとのことです。

アップルの自社ソフト「Maps」が使えないといわれているだけに、

皆さんもそう判断するようですが、実際には裏事情があるようです。

アップルの事情に詳しい複数の関係者によれば、

グーグルとアップルは、運転時に、交差点などで曲がる際に

音声で知らせてくれるターンバイターン方式で

音声案内をする「Maps」の主要機能をめぐって対立したそうです。

その対立とは、ターンバイターン方式の音声案内サービスは、

グーグルのOS「アンドロイド」では数年前から無償で提供されていたのですが、

このターンバイターン方式は、

iOSにグーグルマップを提供していたグーグルとアップルの契約の対象には入っていなかったのです。

アップルは、iOSで音声案内を行うのに必要なデータの提供を

グーグルに強く求めたのですが、データの作成に多額の資金を投じ、

音声案内機能がアンドロイドの主要機能だと考えていたグーグルは、

ライバルにそれを簡単に譲り渡す気にはならなかったとのことです。

ますますスマホが拡大していっていますね。

スマホのアフィリエイトも稼げるということで人気です。

そんなスマホのアフィリエイトでも人気の講座が期間限定で格安で復活しました。

興味のある方は

チェックしてみてください。


大反響により!【販売再開決定!】スマホアフィリの全貌を公開!『スマートフォンアフィリエイトレボリューション』シークレット映像+専用ツール&テンプレート付きで今だけ限定特別価格3,000円!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。