So-net無料ブログ作成

大沢樹生・喜多嶋舞の長男が両親の虐待を告白 [子供]

俳優大沢樹生(43)女優喜多嶋舞(40)元夫妻の長男(15)が、

両親から虐待を受けていたと27日発売の週刊文春で告白しています。

週刊文春の記事には、

長男によると、3歳ごろから喜多嶋の虐待が始まったとしている。

保育園の弁当を残すと殴り、小学校に入ると、浴槽に沈めたり、包丁をのど元に突きつけることもあったという。

大沢も05年に喜多嶋と離婚後は虐待するようになったとし、

長男が警察に駆け込むこともあったという。

大沢は再婚後も虐待をやめず、最近もパンチが15分続き、

日本刀を突きつけ「引いたら死ぬぞ」と殴りつけたとしている。

子育てはなかなかむづかしいのですが、

親の感情で子供を虐待するのはよくないことです。

思春期の子供は、どこの家庭でもむづかしいところがあります。

子育てでお悩みなら、


反抗期 小学生中学生思春期の対応ガイドブック

が参考になると思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。